マニアックな人気を持っていたのがカワサキの750RS

ナナハンといえば750ccのエンジン排気量を持つオートバイのことですが、今でこそ教習所に通って、既定の教習を受け試験にパスすればだれでも乗ることができますが、1980年代では大型免許を取るのにかなり苦労したものです。
大型免許を取ること自体が試練であった自体ではやはりそういった障害があることによって今以上にナナハンにあこがれるわけです。
当時のナナハンといえばホンダのCB750FやスズキのGS750などがありましたがその中でマニアックな人気を持っていたのがカワサキの750RSです。
750RSといってもわからない人でもゼッツーといえばすぐにわかるでしょう。Read more: マニアックな人気を持っていたのがカワサキの750RS