事故の相手は保険屋ではない

交通事故において双方の間を取り持って妥当な示談交渉を進めてくれるのが自動車保険の事故担当員なのですが、時にはその人間が厄介な時があります。

お互いがそれぞれ自動車保険の入っているのであればそれぞれに事故担当員が付くわけですが、どちらも多額の保険金を支払いたくないため一所懸命に相手の交渉に応じます。

誰が見ても明確な過失割合である事故ならそういうことはないのですが、お互いの言い分が違っていたり、ちょっとタイミングがその過失割合を左右したりするような場合では、お互いの事故担当員の能力が最終的な過失割合を決めることになります。

あまりにも能力がない人間であれば事故担当員を変更してもらうことも可能ですが、それが相手側となるとそういうわけにはいきません。

時には相手の保険会社から連絡があり、あーでもないこーでもない全く違う主張を繰り返してくることもあり、非常に腹立たしいこともあります。

ついついこちらも言葉を荒立ててしまうこともあるのですが、よく考えてみると事故の当事者は相手の保険会社の事故担当員ではなく、その保険に加入している事故を起こした人間なのです。

当事者同士の代理としていろいろやってくれるのが事故担当員の役目ですが、あまりにも感情を事故多淫党員にぶつけるにもちょっと大人げないような気がします。

その主張も相手の当事者からの話が出所となっているので、間違った主張は相手の当事者から出ているのです。

事故担当者も仕事としてやっていることなので、あまり強く当たるようなことは避けましょう。