自由にならないデメリットが顕著なダイハツ

トヨタの子会社であるダイハツはここの所、全く面白味のない車ばかり作っています。

ここ最近でちょっと注目を集めたのが、スーパーハイトワゴンといわれる異常に全高が高いママさん車のタントですが、これはそのモデルの出来がいいからという事ではなく、モデルチェンジサイクルが来たためのフルモデルチェンジで、ある一定の時期を過ぎてしまえば、特に注目を浴びる車ではなくなってしまいました。

それよりもスズキのスペーシアやホンダのN-BOX、日産・三菱連合軍のデイズ・ルークス、eKスペースに注目があつまるようになってしまい、これといってダイハツを引き立てる様な車は現在のところありません。

これもすべてトヨタの考え方が浸透しているためで、目立って一時的に売り上げを上げるよりも、とにかくコストを下げて利益率を上げ、更に販売戦略によって販売台数を増やすという方向性になっているのです。

普通自動車であればそれなりに価格も高いのでその方法が良い方向に進むこともあるかもしれませんが、もともとコストが安く車両価格も安い軽自動車では、コスト削減=質の悪化になってしまうのです。

それが今のダイハツであって、あくまでもトヨタグループに軽自動車をもたらすだけの企業なのです。