魅力があった昔の車と若者のクルマ離れ

トヨタのある部門の方が最近こういった言葉を言ったようです。

若者の自動車離れについて聞かれると「若者の車離れではなく車の若者離れだった」つまり若者が車自体の興味がなくなるのではなく、興味を持てる車がないのです。

若年層向けのブランドでおじさん用の洋服を売っているようなもので、いくら有名なブランドでもこういった売り方をしたら若者は誰も買いには来ないでしょう。

特にトヨタはこういった傾向が強く、スポーツモデルをどんどん生産終了させ、その代わりにハイブリッドカーやミニバン、そして同じ車なのに100万円以上も高くして売るレクサス店の展開など確実な利益の上がる車ばかりを作っているのです。

スポーツモデルもたった1台、それも支配下にあるスバルの丸投げしてしまい、その価格も若年層がぽんと買えるようなものではなくなっているのです。

昔は違いました、カローラレビンにスプリンタートレノ、セリカにスープラにMR2など若者がちょっと背伸びしてローンを組んで買うことができる楽しい車がたくさんあったのです。

これが無くなったから若者が車を買うこと自体をあきらめて、親と共同で乗る車ばかりが売れていくのです。

こういったことは何もトヨタだけではありませんがトヨタが一番ひどいので、もしそういったことに気が付いたのであればこれからは若者が喜ぶような車をどんどん作ってもらいたいと思います。