モデルチェンジサイクル

ハイエースは現在のモデルで5代目モデルとなり、現行モデルのH200系は2004年から発売されているものです。要するに12年間同じ車を売り続けているということです。

もちろん、マイナーチェンジなどを行い少しずつ進化してきているわけですが、基本は12年前のもので少々設計の古さを感じます。

通常なら5年から8年ぐらいでモデルチェンジするものですが、この車は基本は商用車ですから12年経ったもモデルチェンジが行われないのです。

商用車というものは、一度買ったらそうそう乗り換えることはなく、長い間乗り続ける傾向があります。

自動車メーカーもそれに合わせて耐久性の高い車を作ることが必要となりますが、そうなると1台作るのにかかるコストが高くなってしまうため、作る側としても乗用車のように5年前後ごとに膨大なコストをかけてモデルチェンジをおこなうということが事実上できないということになり、結局はこのハイエースのように10年以上もモデルチェンジすることなく、マイナーチェンジでつなぎつなぎ販売していくことになるのです。

そして更に趣向性といったものもあまりないため、新しいデザインや新しい機能などを求めることもありません。これが商用モデルのモデルチェンジサイクルが長い理由です。