どうしてウェイクを買うの?

ダイハツはトヨタの子会社で、トヨタグループの軽自動車、小型モデル部門を担う自動車メーカーですが、このダイハツの軽自動車ラインナップの中で、1台だけどうしてこのような車を作ってしまったのかということが不思議でならない車があります。それがウェイクです。

テレビCMで盛んに宣伝していますが、広いキャビンを持った遊び車という方向性を持たしているようです。

この車が作られたきっかけはライバル会社のスズキが発売する軽クロスオーバーSUVのハスラーが爆発的に売れていることで、これに対抗すべく作られたのです。

しかし、急に軽クロスオーバーSUVを作れといってもなかなか難しいので、そこでダイハツがとった手段がトヨタグループお得意の使いまわしです。

ベースは、走行性能やボディ剛性など全く考えて作られていないママさん車のタントです。

タントといえばボディ剛性を犠牲にした形で作った広いキャビンを持つ車なのですが、それのボディパネルを一新して作った車がウェイクなのです。

クロスオーバーSUVまでいかなくても遊び車ならママさん車よりハードは扱いを受けるでしょう。

ママさん車なら荷物は子供だけ、しかし遊び車ならいろいろとたくさん積んでそれも長距離走ることでしょう。この2台が全く同じ車というのもかなりいい加減です。

この車を好んで買う人はきっとこういったことを全く知らないで買っているのでしょう・・・、もし知っているうえで買っているのであれば・・・驚きです。

軽自動車 保険